ようこそ、あべ動物病院のホームページへ。

medical01

ワンちゃんに必要な予防など

狂犬病予防注射

生後3ヶ月以上の犬には生涯1回の登録と、毎年1回の狂犬病予防が義務付けられています。
登録は各保健所や役所で行っています。

伝染病の予防注射

犬ジズテンパー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬レプトスピラ症、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬アデノウイルス2型感染症、犬コロナウイルス感染症は混合ワクチンにより予防できます。最初の年は数回のワクチン接種が必要です。仔犬の場合、母犬から受けた免疫力が低下してくる生後2ヶ月頃に初回の接種を行います。獣医師と相談して、その犬にあったワクチン接種を行いましょう。
その後は追加接種を年に1回程度受けましょう。
ワクチン接種は体調の良い時に行うようしに、接種後気になること(元気がない、食欲がない、身体が熱い、吐き気など)や変わったことがあれば、すぐに獣医師に連絡をとりましょう。

フィラリア(犬糸状虫)について

フィラリアは寄生虫のひとつです。フィラリアの幼虫は蚊を媒介して犬に感染します。
感染すると、心臓や肺の血管に寄生して重篤な症状を引き起こす恐ろしい病気です。成虫はたくさんの幼虫を血液中に放出し、皮膚から蚊に吸血されるのを待っています。蚊に吸われた幼虫は蚊の体内で成長し、再び犬に吸血した時に感染し、心臓や肺動脈に入り込みます。フィラリの成虫が心臓にたくさん寄生すると、血液循環が悪くなり、咳・呼吸困難・腹水・貧血・などの症状が現れます。心臓や肺動脈に寄生するフィラリアが後大静脈で詰まってしまうと、血尿がみられ、緊急に手術が必要です。

  • ■フィラリア症(犬糸状中症)予防■
    フィラリア症は死に至る恐ろしい病気です。しかし、薬により予防することが出来ます。日常生活のなかで蚊に刺されないようにすることは大変難しいことですが、確実に予防薬を飲ませ、フィラリアから守ってあげましょう。子犬の場合、夏をすごした経験があるか、成犬であれば前年度の投薬状況により、血液検査が必要となります。感染の有無や体重によって違ってきますので、動物病院にて説明を受けてください。
    去年の予防薬が残っていたからとか、知人にもらったからといって、誤って飲ませたために死に至ることもあります。地域によって予防の時期が異なりますので、かかりつけの獣医師の指示に従って予防してあげてください。
    広島・岡山地域では蚊の発生にともない5月後半から、蚊がいなくなった1ヵ月後(11月後半)まで飲んでいただくよう指導しています。
    近年では、飲み薬だけでなく、注射やスポットオンタイプもあります。
    フィラリアの予防は飼主さんの責任です。そのこにあった正しい予防方法を動物病院で相談し実施してください。
  • ■なぜ 血液検査が必要か?■
    予防薬がきちんと飲まされているかを確認するために検査をすることはとても大切です。感染した犬に間違った予防薬を与えると、副作用が現れることがあります。予防薬を与えても、早めに投薬期間を切り上げたり、与えることを忘れたり、犬が予防薬を吐き出したことに気づかなかったりして、感染することもあります。
    感染があった場合、獣医師の指示や注意事項に従い、治療方法を相談してください。

ノミやダニの予防、駆除

ノミは皮膚病(ノミアレルギー性皮膚炎)の原因になるだけでなく、寄生虫(条虫)の媒介をする可能性があり、さらに人や他の動物にも移ります。
いろいろなタイプの薬が出ていますので、獣医師と相談した上で使いやすい薬を選びましょう。

検便

軟便、下痢などの便の状態が良くないときは、寄生虫の感染や他の病気にかかっている可能性があります。
動物病院で定期的な検便を行いましょう。仔犬は特に何回かのチェックが必要です。


画像の説明   

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

CFDの大きなメリット