ようこそ、あべ動物病院のホームページへ。

medical02

ネコちゃんに必要な予防など

伝染病の予防注射

猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)、猫カリシウイルス感染症(FCR)、猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、クラミジア感染症は混合ワクチンにより予防できます。最初の年は数回のワクチン接種が必要です。仔猫の場合、母猫から受けた免疫力が低下してくる生後2ヶ月頃に初回の接種を行います。3週間後にもう1度接種します。獣医師と相談して、その猫にあったワクチン接種を行いましょう。
その後は追加接種を年に1回程度受けましょう。

  • 当院では次の年の追加接種時期をハガキにてお知らせいたします。

ワクチン接種は体調の良い時に行うようしに、接種後気になること(元気がない、食欲がない、身体が熱い、吐き気など)や変わったことがあれば、すぐに獣医師に連絡をとりましょう。


ノミやダニの予防、駆除

ノミは皮膚病(ノミアレルギー性皮膚炎)の原因になるだけでなく、寄生虫(条虫)の媒介をする可能性があり、さらに人や他の動物にも移ります。
いろいろなタイプの薬が出ていますので、獣医師と相談した上で使いやすい薬を選びましょう。

検便

軟便、下痢などの便の状態が良くないときは、寄生虫の感染や他の病気にかかっている可能性があります。
動物病院で定期的な検便を行いましょう。仔猫は特に何回かのチェックが必要です。

ノミやダニの予防、駆除

ノミは皮膚病(ノミアレルギー性皮膚炎)の原因になるだけでなく、寄生虫(条虫)の媒介をする可能性があり、さらに人や他の動物にも移ります。
いろいろなタイプの薬が出ていますので、獣医師と相談した上で使いやすい薬を選びましょう。

ワクチンでは防げない病気  外は危険がいっぱい

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)(通称 猫エイズ)※猫同士でのみ感染し、人には移りません。
猫伝染性腹膜炎(FIP) など。

  • 交通事故
  • 猫同士の喧嘩
  • 望まない妊娠
  • 迷子    など。

生活環境

近年は猫ちゃんは室内飼育が主となってきています。
子猫のころから室内のみで生活すると外の世界への関心もほとんどなく成猫になり、ストレスも軽減されます。
網戸を開けてしまう子には市販の網戸用の鍵を取り付けましょう。

  • 上下運動を室内でできるよう家具を段差になるように配置し工夫してあげてください。
  • 爪を研げるよう爪とぎも置いてあげてください。またたびの匂いをつけると簡単に躾けられます。

家の中でも気をつけて!

  • お風呂の残り湯への転落
  • 暖かい炊飯器の上でくつろいでいて火傷
  • マンションのベランダからの転落
  • ひもで遊んでいて誤飲     など。

食事

子猫のうちは一日三回は与えてください。
成猫になったらドライフードを主体とした一日二回が理想的です。
缶詰ばかりや人間のおかずをあげていると美味しいものしか食べなくなってしまうので、人間が気をつけてあげてください。

  • イカ・タコ・アワビ・青魚はあげないで!

イカ・タコは消化が悪いので食べ過ぎると便秘や下痢に。特にイカはビタミンB郡を分解する酵素を含んでおり、B郡要求量の多い猫には禁物。アワビなのの貝類は体内で毒になる成分が皮膚炎を引き起こすことも。青魚は体内のビタミンEが大量に消費されてしまいます。

トイレ以外の排泄

猫は決まった場所で排泄する習慣のある生き物です。
ところが突然トイレ以外で排泄したりする問題行動を起こすことがあります。
それにはきっと理由があるはずです。

  • 精神的ストレス
    飼い主に叱られた・他の猫との喧嘩・新しい家族・引越し・模様替え 等
  • トイレを使いたくない
    ・トイレが汚れている・トイレの砂の材質が気に入らない・トイレを掃除した洗剤の匂いが気に入らない
    ・トイレの場所が気に入らない・排泄している途中に大きい音がしたり叱られたり嫌な思いをした  等

※何度も排尿姿勢をとって少しずつしかおしっこが出なかったり血が混じっていたりした場合は膀胱炎等の病気が考えられます。すぐに病院に連れて行ってあげてください。


画像の説明   

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

CFDの大きなメリット